アンカー・ポータービールは、
サンフランシスコのアンカー社が作ったポータービールです。

アンカー社は元々、幻となっていた「スチームビール」を半世紀ぶりにリバイバルさせたことにより、一躍有名になったところで、アメリカのマイクロ・ブリューワリー・ブームの一端を担っています。

以前、アンカーのスチームビールも飲んだことがあり、コクがあって美味しかったことを覚えていたので
今回ポーターを飲んでみることにしました。

null


原産国:アメリカ
金額:385円
購入場所:成城石井

null


アルコール分:5.6%
内容量:355ml

グラスに注いでみると、寒い季節に持ってこいの、重みのある深い褐色で
私の好きな味の予感がします。

しかし実際口に含んでみると、意外にあっさりとしていて
多くのポータービールにある
チョコレートを食べた後のような、かすかな甘み・酸味は感じません。

苦味も色から予想するほどではなく、ポーターの泥臭さのようなものがありません。

私自身は、ポータービールのチョコレートのような風味が好きで
飲んだそばから滋養を感じるような、どっしり田舎臭い味こそポーターと思っていましたが
これはもっと洗練されていて、都会風のポーターという感じがします。

ではこのスッキリ洗練されたポーターにガッカリしたかというと、実はそうでもなく
これはこれで、しつこくなく何本でも飲めそうな、親しみやすさがいいなと思いました。

特にポーターによくある、後味の酸味が好きでない方には
このアンカーのポーターは良いのではないかと思います。

なるほど、アメリカの気の利いたブリュワリーがポーターを作ると、
こういう感じに洗練されるのか、と新しい経験の出来た一本でした。


商品情報

Anchor Porter Beer(アンカー ポータービール)を楽天で探す >>

Anchor Porter Beer(アンカー ポータービール)をAmazonで探す >>