アンカー・スチームビールは、
ビール好きの間で「小さいことは良いことだ」を実践する
小規模ビール醸造所として知られています。

1896年にサンフランシスコでビール作りをスタートしたアンカー社は、
幻となっていた「スチームビール」を半世紀ぶりにリバイバルさせたことにより、
一躍有名になりました。

null


原産国:アメリカ
金額:358円
購入場所:イオン

スチームビールとは、本来、低温(5~9度)で発酵させるはずのラガー酵母を
エール酵母のように高温(15~25度)で発酵させることにより生まれたビールで、
ラガー特有のコクと麦香と、
エールのような華やかな香りを持ち合わせた稀有なビールとして
口コミでサンフランシスコで評判となり、ついにはアメリカ全土で有名になりました。


null


アルコール分:4.9%
内容量:355ml

日本で販売されているアンカー・スチームビールは
品質保持のため、サンフランスコより冷蔵コンテナにて輸入されたビールだそうで
その強いこだわりに、期待がふくらみます。

見た感じは透き通った薄褐色。
ラベルの但し書きには、
生きた酵母を使っているため、オリが生じることもあると書かれていますが
今回の一本は綺麗に澄み切ったものでした。

香りはそんなに強くはありませんが、
麦特有の香ばしいような良い香りがします。

一口含んでみると、まず甘さを感じました。
といっても嫌な甘さではなく、麦芽糖を思わせるような天然の甘さで
たっぷりと良い麦を使って仕込んでいる情景が浮かびました。

グラスの色合い、そして初めに甘さを感じたので
さぞかし濃厚なビールかと思いきや、
何口飲んでも後味はすっきり、苦味も強くなく、
味わいに関しては、見た目ほどの個性の強さは感じませんでした。

かといって決して軽いわけでもなく、非常に味わい豊かです。
ヨーロッパの、例えばシメイのようなビールが重過ぎると感じる方には
このスチームビールは好みに合うかもしれません。

ラガーとエールの中間点を、ちょうど美味しくつなぎ合わせたという感じがします。

アメリカのビールというと多分、
水代わりにゴクゴク飲むような、カジュアルで軽い味わいが主流だと思います。

しかしこのアンカースチームは「グルメ・ビール」と言いますか
ラフにゴクゴク飲み干すようなものではなく
じっくりと麦の醸し出す旨みを感じながら、一口一口を大事に味わいたいビールだと思いました。

商品情報

Anchor Steam Beer(アンカー スチームビール)を楽天で探す >>

Anchor Steam Beer(アンカー スチームビール)をAmazonで探す >>