こちらも3月のチェコビール試飲パーティーにて、出会った一本です。

なかなか日本ではお目にかかる機会の少ない
Chotěboř(コチェボシ)というチェコのメーカーのラガーで、
がっつり重厚な味わいを持つ一杯で容量も500mlと大き目なビン、
輝くゴールドのラベルと相まって、ひときわゴージャスな存在感を発しておりました。

コチェボシ ラガー プレミアム



コチェボシ(またはホチェボルシ)は、プラハから見て南東にある街の名で
このラガープレミアムは、そこにある醸造所で作られているビールの一つなんですが
おそらく通常のコチェボシよりちょっと高級なのではないかと思います。


コチェボシ ラガー プレミアム



原産国:チェコ共和国
金額:不明


コチェボシ ラガー プレミアム



アルコール分:5.1%
内容量:500ml

注いでみれば、泡のコシもしっかりと、深い黄金色をたたえた液体。

そんなはずは無いのですが、イメージとして若干とろみがあるような濃厚さに満ちていて
本格派の期待に応えるがっしりした苦みと麦芽の香りが感じられます。

一言でいうと「強い」、お子様はご遠慮願います、という感じでしょうか。

一口に重みがあり、味も香りもたっぷりしていて、500mlを一人で飲み切ると
なかなかの充実感であります。

まるでバゲット一本食べきった後のような、
小麦の栄養摂ったから、もうご飯はいらないか・・・と思えてくるほどで
ライトなビールが好きな人には一本飲み切るのは厳しいかもしれません。

大変硬派で、一切チャラついていません。

流行りのナイトスポットで、出会いを期待しながら飲むには全く向いていませんが
長年の親友と飾らない店の片隅でしみじみと語り合いたい、あぶったイカでもつまみながら・・・
そんな時に飲むには最適な大人の一杯という気がします。

商品情報

http://www.pivovarchotebor.cz/